スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫足ビアンキ化計画 57 ワンオフ ブレーキブースター製作開始!

猫足ビアンキ化計画 57

購入をしてから6ヶ月が経ったアルミ製の自転車

ビアンキ(Bianchi) ローマ2(ROMA?)。

改造・カスタムを少しづつ行う日々!

目指すは猫足!!

小回りが利き、俊敏な動きをするクロスバイク

にするということで始めましたこの計画。

ORINの馬蹄鍵のステー

昨日、壊してしまったGORINの馬蹄鍵のステー。

新しく作り直すことにしました。

ワンオフ製作です!

ということで、図面を作成しました。

ワンオフ ブレーキブースター

元のステーより高さも幅も狭くし小さくします。

上の5つの大きい穴は軽量化のための穴。

中間の小さい穴はGORINの馬蹄鍵を取付ける為の穴。

下の2箇所の穴はVブレーキに取付ける為の穴。


今回のこだわりとしては

まずはブレーキブースターとしての効果を高めるために

Vブレーキの取付け穴を長穴ではなく真円で作りたいということ!

そして、Vブレーキの取付け穴の位置からステーの

曲げ位置が遠くなると剛性が落ちるので、

できるだけステーの高さを低く設定しました。


補強パーツなので、強性をしっかり出せることに

重点を置き、考えてみました。


市販のブレーキブースターを流用して使うか迷ったのですが、

市販で販売されているブレーキブースターも

取付け位置の穴は大体長穴になっています。

やはり補強パーツで長穴は・・・

こうなったら作るしかないですよね。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。