スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫足 ビアンキ化計画 46 手術を決行!

猫足ビアンキ化計画 46

購入をしてから4ヶ月が経ったアルミ製の自転車

ビアンキ(Bianchi) ローマ2(ROMAⅡ)。

改造・カスタムを少しづつ行う日々!

目指すは猫足!!

小回りが利き、俊敏な動きをするクロスバイク

にするということで始めましたこの計画。


悩まされるサイクルコンピュターのステー部分・・・

重さに耐えられずに落ちてしまう日々。

5月3日のブログ(http://goldenratio161.blog34.fc2.com/blog-entry-121.html)で

ご紹介した通り、補強をしたのですが

最終的にはネジが金属疲労で落ちるということで、

ほとほと困っていました。


どうしたものかと、ずっと考え思いついたので、

早速、作業に

ヘッドチューブ穴開け

ネコ足ビアンキちゃんのトップチューブに

ステーのネジ止めの間隔に油性ペンで穴あけ位置に

マーキングをし、ドリルで穴あけです。

初めは位置出しのために3mmのドリルで穴あけです。

ヘッドチューブ穴開け

トップチューブのハンドル側より15cmぐらいい下側に

穴あけを行いました。

サイコンを抜き取る時に上にスライドをしなければいけないので、

その分の間隔をあけました。

ヘッドチューブ穴開け

続いて、6.5mmぐらいまで穴の拡大加工を!

6.5mmのドリルは無いので、6mmのドリルで穴あけをし

そのまま、グリグリと0.5mm程拡大しましt。


そして、右側にすでに付けられているナットの装着です。

ナットサート

初めはこんな感じのナットです。

筒状になっておりカシメて固定するナットです。

ナッター

こちらのナッターという専用工具でググッと締め付けることで

ナット取付け

ご覧の通りナットの装着が完了!

サイコンステー取付け

後はステーをネジで止めて

サイクルコンピューター取付け

サイコンを付けて、スライドをして抜き差しの確認も

バッチリ。

取り外し、取り付けもちゃんとできます。

防振ワッシャー

もちろん、防振ワッシャーも取付けしました。


ハンドルからサイコンが無くなった時に感じた

ハンドルの軽快になり、もうハンドルに戻すのがもったいないと

思ってしまい、ハンドル以外の取付け位置を考えたら

やはりボディしかないなと。


ボディに傷を付けたく無く、穴開けはちょっと迷ったけど

思いきって大手術を決行です。

今度は落ちないでくれと、ただ祈るだけです。


ちなみにこれまでで一番しっかりしています。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。