タグ:AS-CL5000 の記事一覧

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコ足ビアンキ化計画 86 ATLAS AS-CL5000

ネコ足ビアンキ化計画 86

購入をしてから10ヶ月が経ったクロスバイク

改造・カスタムを少しづつ行う日々!

目指すは猫足!!

小回りが利き、俊敏な動きをするクロスバイク

にするということで始めましたこの計画。


昨日届いたのはこち (^―^)

ATLAS (アトラス)LEDサイクルライト AS-CL5000

541-AS-CL5000.jpg

現在、『心の友』として使用しているサイクルコンピュター

ユピテルの『ハンディGPSマップ ASG-CM12』と同じブランドで

自転車用ライトが発売されました。o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o


昨日、ライトをぱくられてしまい、無灯火運転はまずいだろうということで、

急遽ライト探しを始めた次第です。o(TヘTo)o(TヘTo)o(TヘTo)

542-AS-CL5000.jpg

大きさもそれほど大きくは無く、通常の乾電池仕様で明るいライト!!

と言うと限られてきてしまいます。

そんな中、今回購入したライトは大きさも小ぶりですし、乾電池仕様。

後は明るさです。

5000カンデラ相当(220ルーメン)という、かなりの明るい数値が表示されています。

しかし、気になっていたのはこの機能! o(=¬ェ¬=)o

546-AS-CL5000.jpg

集光レンズで照射角を変更することが出来る機能です。

照射角が変更が出来るのは、是非 欲しい機能ですが、

問題は明るさです!

220ルーメンという数値が、最大限にスポット状態にした時に

測定されたであろうと思われるからです。

実際に仕様とした時にどの位まで、光量が落ちるか少々不安でした。

(; ̄ー ̄川


ということで、早速取付けです。\(^▽^)/

543-AS-CL5000.jpg

前のライトと同じフロントのステーに装着しました。

なぜ、こんなところにつけるの??

それは、ハンドルにライトを付けるだけのスペースが無いからです。(T△T)

基本的に走行中にライトの操作が出来ず結構不便だったりもします(笑)

544-AS-CL5000.jpg

さあ、問題の明るさです。

実際に走行してみましたところ、最大限にスポットにすると

周りがあまりにも見えないので、厳しかったです。

なので、ズーム機能の中間当たりが個人的なベストでした。

明かるさも 結構明るいです!o≧▽゚)o

普通の自転車のライトと比べれば比較にならないほど明るいです。

しかし、

前に使用していた Fenix LD20 XP-G R5に比べると暗いですね~(。>0<。)

Fenix LD20 XP-G R5が180ルーメンで、その前に使用していた小型のCR-123を

使用したライトが130ルーメンで、それより若干暗いので、ATLAS AS-CL5000で

照射範囲を少し広げると130ルーメンより少し低いぐらいまで下がってしまいます。


でも、Fenixのライトは明るすぎるため、対向してくる自転車や歩行者が

あまりにも眩しそうなので、しょうがなく射光フードを

作り光を調節していたため、見た目もちょっとカッコ悪かったのですが・・・

526-Fenix-LD20-XP-G-R5.jpg

ATLAS AS-CL5000は照射角が変更できるのと、そこまで明るくないので

射光フードは要らなさそうです!o≧▽゚)o

そして、イカリングっぽく側面がオレンジ色に光るので、カッコいいですね~

さすがカー用品を作っている会社だけありおしゃれに仕上がっています。

(●>ω<●)

545-AS-CL5000.jpg


個人的なインプレッションを図にしてみました!

547-AS-CL5000.jpg

赤が今回購入をしました『ATLAS AS-CL5000』

緑がパクられてしまった『Fenix LD20 XP-G R5』

青がお金がかかりすぎるので止めた『小型のCR-123を使用するライト


ということで、総合的には結構気に入りました♪

o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
>>自転車用品ランキングもあるよ!<<

いつも押していただいて頂きまして
ありがとうございます。
順位がかなり上がってきました!
«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。